プラグイン

Theme Test Drive を使えば公開済のWordPressのリニューアルが便利そう

このブログのタイトル下に「日々のアレコレ。しばらくいろいろ工事中です」と書いてあるんですが、ここだけの話、正直、全然工事してません(笑)

レイアウトなど変えたいところはいっぱいあるのですが、というか、ほとんど変えたいのですが、一度ブログが動いてしまうとそうそう簡単に変更できない事情があり。

それというのも、新しいテーマを用意するにもその表示確認をどうすればいいのかというところで悩むんですよね。本番環境とは別のサーバやパスに、開発中のテーマを適用したテスト環境を立ち上げれば好き勝手できそうですけど、結構大仕事になってしまいます。それに、いくらテスト環境で動いているからといって、リリースしたらそれがそのまま本番環境で動いてくれるかとなると、動くだろうとは思いつつちょっと心配だなと。

リニューアル当日にMaintenance Modeなどのプラグインを使ってメンテナンスモードにしておいた上で移行作業するにせよ、もしかしたらテスト環境だけでしか動かないような対策に時間がかかる致命的な問題が発覚してしまってリニューアルは延期、というようなことにもなってしまうかもしれません。

ある程度は別環境で構築するにしても、できれば本番環境で、稼働させつつ新しいテーマの表示確認ができればベストなんですが。

Theme Test Drive というプラグインを使えば、ゲストユーザには今までどおりのテーマでブログを読んでもらいつつ、裏で管理者だけが別のテーマで表示確認できるということで、さっそく試してみました!

続きを読む

WordPressで引用符が勝手に変換されないようにする方法

WordPressで引用符(クォーテーション)を使うと、勝手に意図しない文字に変換されてしまいますが、これ結構鬱陶しいですよね。

具体的にはこんな感じです。

ほげほげほげほげ
"ふがふが"ふがふが

よく見ないと気づきにくいですが、勝手に引用符が開始引用符と終了引用符に変換されてしまうのです。

確かに文章としての見栄えはよくなるんですけど、プログラムのソースコードやHTMLソースなどを載せる場合など、引用符をステキな感じにされてしまうと、そのままコピペして使おうとすると、エラーが多発したり、引用符の中身が正しく判定されないので意図しない動きになってしまうのです。

コピーした人が気付いたとしても毎回置換しないと使えませんし、ビギナーだったら何でエラーが出てるのか意味がわからないかもしれない。そもそも使っているフォントによっては開始と終了を全く区別できないようなものもあるかもしれません。そのまま使えないサンプルソースなんて、公開してもあまり喜んでもらえないでしょうし。

どうもこのステキ変換はWordPressの標準機能らしく、正直おせっかいもいいところです。僕が最初この現象に気付いた時、全く意味がわからず、その理不尽さに悔し涙を流したのは今となってはいい思い出です(泣いてません)

というわけで、これを無効化する方法を探しました。

続きを読む