超音波で破壊実験してみた

昨日紹介したメガネ用の超音波洗浄器でひとつ思い出したネタがあったので、ついでにご紹介しようかと。

 

突然ですが、実験開始です!(?)

まず、アルミホイルを用意し、適当な大きさに切ります。燻製のためにスモークチップを入れるお皿にするために100均で買ってきた、何の変哲もない普通のアルミホイルです。

 

水を張った超音波洗浄器にアルミホイルをそっと沈めます。そして、おもむろにスイッチオン!

 

ビビビビビ… おや? アルミホイルのあちこちに穴が空いてきましたよ?

 

5分後、超音波洗浄器のスイッチが自動的に切れる頃にはこんなにボロボロになってしまいました。

 

見るも無残、粉々になってしまいました。もしかして超音波洗浄器ってとても危ない機械だったりするんでしょうか?

そういえばデビルマンのデビルアローは超音波でしたよね。ちなみに、デビルイヤーは地獄耳。超音波は悪魔の力… そう考えたらかなり危険な気がしてきました…! おそらくジャイアンのリサイタルも超音波が関係しているのかもしれません。

 

キャビテーション効果で汚れを落とす!

実はこれは「キャビテーション効果」といって、水だけで汚れを落とせる超音波洗浄器の仕組みそのものになります。

水中で超音波を発生させることによって、とても細かい気泡(キャビテーション)が発生します。そして、その気泡が弾ける瞬間の衝撃波がメガネについた皮脂などの汚れと衝突し粉砕します。これをキャビテーション効果といい、このため超音波洗浄器は洗剤を使わず水だけでメガネの汚れを落とすことができるのです。

しかも、この気泡は目に見えないくらい小さいので、メガネのフレームとレンズの隙間のようにとても狭い場所の汚れも粉砕してくれます。微細な気泡の衝撃波とはいえ、このように薄いアルミ箔くらいなら穴を開けてしまうほど強力な力を持っているのでした。

だから、うっかり大切な金箔を入れてスイッチをONにしてしまった(?)とか、そういう場合はダメですけど、普通にメガネとか洗ってる分には全く危険はないのでした。

シチズン 超音波洗浄機 SW1500シチズン 超音波洗浄機 SW1500

シチズン・システムズ

Amazonで詳しく見る
楽天市場で探す