Skitchで壁紙も一緒にキャプチャしてしまうのをなんとかしたい

僕はMac使い始めてから2年以上経つんですが、なんていうか、いまだにWindows時代の思考というかWindowsっぽい使い方をしているところがありまして、『Macっぽい使い方』ってのをまだほとんど知らなかったりします。

こんなこと言うと「たとえばどんなのがMacっぽい使い方なんだよ」って言われてしまいそうですが、Macっぽい使い方を知らないんだから説明できるわけがないじゃないですか!(なんでキレてるんだ)

まあ… Windows使ってた頃も裏技的なものはほとんど使わずにいた気もしますが。

というわけで、Mac使ってれば「こんなの常識だろ」みたいなものとか、「いったい何年前のネタだよ」みたいな周回遅れなテクでも余裕で感激できる今日この頃です。何しろMacに関しては知らないことばかりですので、何か「この技は覚えとけ!」みたいなのあったらぜひ教えてください。

で、やっと本題に入るのですが、最近その便利さを知って、感動のあまり全俺が泣いたSkitchというアプリがあるんですが、今日もまた泣かせてくれましたので書いておこうかな、と。僕みたいに知らない人いたらお役に立てるかなあと。

 

SkitchApp
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(掲載時)

最近まで僕が知らなかっただけで、いまさら説明するまでもないでしょうが、Skitchはスクリーンショットを撮るためのMac用アプリです。iPadとAndroidにも出てるみたいですね。iPad版は初代が家にあるので使おうと思えば使えるんですが、ほとんど子供のゲーム専用機になってしまってまして… 今度使ってみます。そして、嬉しいことに"iOS Coming Soon"の文字が。iPhone版が待ち遠しいです。

Skitch - Annotate, edit and share your screenshots and images...fast. 

 

2012 05 25 1015

数多のスクショアプリがありますが、Skitchのどこがいいかっていうと、操作が実に直感的なんです。文字や矢印入れも楽々だし、リサイズは右下をつまんで拡大・縮小するだけ。ファイル保存も下の"Drag Me"ってとこを「OK, I drag you!」って叫びながらドラッグ&ドロップするだけ!(※叫ぶ必要はありません)

そして、こんなに便利なのになんとタダ! 昔はフル機能版(Skitch Plus)は有料だったみたいなんですが、Evernoteに買収されて無償提供されるようになったそうですね。実に太っ腹です。

Skitchさえあれば、Mac OS Xでのスクリーンショットのショートカットなんて忘れちゃってもいいかもです。むしろ僕はキレイサッパリ忘れました。というか、そもそも覚えてませんでした。

 

そんなわけで、まだ文字入れや矢印くらいしか使えないけれど、Skitchとキャッキャウフフする毎日を送っているわけなんですが、それでも不満があったりします。ダイアログのスクリーンショットを撮ろうとするとデスクトップの壁紙が勝手に背景にされちゃうんですよね…

僕のMacBook Airの壁紙はMBA側が富士山、サブモニタもライオンという、「このMBAにはOS X Lionが入っていますよ! Lion inside!!(てん、てけてけーん♪)」と言わんばかりの非常に分かりやすい壁紙。ちなみに、Snow Leopard使ってた頃も当然雪豹さんの壁紙を使ってました。

なので、たとえ壁紙付きのスクリーンショットでブログ記事を書いても全く後ろめたいことはないんですが、やっぱりイチイチ壁紙が気になります。キャプチャした画面と壁紙は無関係なわけですし。あと、具体的にどんなのかは想像するしかありませんが、ちょっと人には見せられない壁紙だったりする人はどうやってるんだろうな、と。気にせずそのまま載せてしまう猛者は別として、わざわざ壁紙を変えてからスクリーンショットを撮るわけでもないだろうし…

そもそも、ダイアログを載せたい場合は普通はウィンドウ部分だけを切り出すよなぁ、と言うわけで、Skitchで切り抜き(クロップ)する方法を探してみました。

しばらく探していたのですが、特にそういう機能がついてそうなアイコンは見当たらず。これまで使ったツールとかだったら範囲選択してcommand+Xで切り抜いてから新規にウインドウ開いてペーストするとかでしょうけど、どうもそういうのもできない雰囲気。どうしてもクロップ機能が見当たらない。それでもSkitchなら…Skitchならきっと何とかしてくれる… !!と期待していたのに裏切られた感じです。どうやら僕はSkitchを買いかぶっていたようです。失望しました。

 無いものは仕方ないので、OS X標準のスクリーンショットのショートカット、Command+Shift+4+Spaceを使うしかないのかなと。でも、いっぱいキーも押さないといけないし、そもそも数字は3だっけな、4だっけな?って全然覚えられないし、Windowsみたいにクリップボードに入れてくれればいいのに、なぜかデスクトップにファイル作ってくれちゃうので、気がつくとスクショのファイルだらけになっちゃうし、そもそもスクショ撮ってからのリサイズとか文字入れとかをSkitchでやりたいのに、そのファイルを持ってきたり別のアプリで加工してから持ってこないといけないんじゃ、不便極まりない感じです。

 

まあ、できないものは仕方ないですよね。「不満だなー♪」ってルパン三世のCM入りみたいな感じで歌いながらボーッとしてたんですが、ふと画面を見ると、Skitchのウインドウ内に何か違和感が。

 スクリーンショット 2012 05 25 7 20 21

イメージ全体が破線で囲まれてますし、いかにも「ここを動かせ!」と言わんばかりのマウスカーソルになってるじゃないですか。こ、これはまさか…?

 

2012 05 25 0729 1

おおっ。そうか、スクリーンショットの上下左右の辺をドラッグすれば画面の範囲を決められるんですね!

 

2012 05 25 1259 png

確かにこれは範囲選択してどーたらこーたらってよりも直感的かもしれない。さすがSkitch!俺達にできないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ! いやあ、Skitchならこのくらい当然だと最初から思ってましたよー。

 

これで不要な余白を消せますね!これなら簡単だー…って思ったのもつかの間。微妙に壁紙が残っちゃってたり、ダイアログの枠線まで切り取っちゃってたり… ああ、イライラする!

Preferences 2

1ピクセルとの戦い。チマチマチマチマと。すごい時間かかる… こんなのちっともスマートじゃないじゃん!ダメじゃん!Skitchがんばれよ!

 

さすがに何とかならないのかと、ここでようやくググってみることに。そしたらいい方法があるじゃないですか。 Skitchの環境設定(Preferences)の、Snappingタブにありました。

Preferences 3 

Desktop Picture(Wallpaper)が堂々と選択されてる… そもそも壁紙を含めて撮る設定になってたんですね。そんなわけで、"Add shadow to window Snaps"のチェックを外してアッサリ解決

Preferences 7 

ご覧のようにウィンドウだけをキッチリとキャプチャすることができました。今までの苦労は一体… でもまあ、クロップする方法がわかったのでよしとしましょうか。

 

 Preferences 8

で、いろいろやってたら、"Add shadow to window Snaps"はチェックしたまま、Transparentにするのがよさそうだなということで落ち着きました。もちろん、使い所によりますけど。影付きになるのでかなりいい感じになりますね。 

 

いやー、Skitchって本当にいいですね。ぼかしたりモザイク入れたりとかそういうフィルタ的な機能はないですが(まだ僕が知らないだけであったりするかもですが。油断できません)、目線入れるくらいでよければバッチリですしね。いい買い物しました!(タダでしたけど)

そんなわけで、スクリーンショットはSkitchでウッドボール(キ・マ・リ)ですよ! 

 

SkitchApp
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(掲載時)

Skitch for iPadApp
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(掲載時)