アリオ鷲宮で限定らき☆すたnanacoカードを作って来ました

昨日、急きょ夕飯を外食することになってしまったので、またアリオ鷲宮に行ってきました(笑) 夜はそれなりに空いてましたね。フードコートで「かつや」のカツ丼食べてきました。写真は撮ってこれなかったんですが、アリオ周辺のクリスマスイルミネーションもなかなかキレイです。

で、昼間に行った時は長蛇の列で断念した「らき☆すた nanaco」作ってきました(笑) 夕方に行ったらさすがに数人しか並んでませんでしたね。

巫女服を着た柊かがみ&つかさの背景にアリオ鷲宮が描いてあるという、素晴らしいデザインです(笑) こんな格好で買い物に来るつもりなんでしょうか。

我が家がこっちに引っ越してきた頃にはすでに「らき☆すた」のアニメはとっくに終了していて聖地巡礼とかで盛り上がってた頃で、僕は未だにコミックもアニメも見たことがないんで全くと言っていいほど話は知らないんですが(このへんで普通に生活していていろいろ目に入ってくるので何となく知っている、という感じです(笑))、鷲宮的にはこの2人のホームタウンってことでいいんでしたっけ?(泉こなたは幸手?)

限定3,000枚だそうです

このnanacoカードは限定3,000枚だそうです。「2012.11.22 アリオ鷲宮グランドオープン記念」って書いてありますし、さすがに追加発行されるわけないですけど。

昨日のプレオープンで18:30まで売っていたんですが、たぶん初日は少なくとも1,000枚くらいは捌いてたんじゃないかと。どうしても欲しい人は昨日のうちに買っていそうですし、今日のグランドオープンでいきなり売り切れてしまうようなものなのかどうかとかわかりませんが、三連休中には売り切れてしまうのかなあ?

限定カードではありますが、通常のnanacoと同じで発行手数料300円です。住所・氏名・電話番号を記入すればOK。最初に1,000円以上チャージすれば後で300ポイント付与されて実質タダってことになるんですが、nanacoカードはすでに1枚持ってるので「別に使わんしなあ…」ということでチャージせずに作ってきました…なぜ作ったし(笑)

 

鷲宮町は今はもうありません

しかし、アリオ鷲宮が「鷲宮」という元々の地名を使うことになるとは意外でした。埼玉県鷲宮町は菖蒲町、栗橋町と一緒に2010年3月23日に久喜市に編入合併したので今は消滅しているのですが、それぞれの町があった地区は今も久喜地区、鷲宮地区、菖蒲地区、栗橋地区としてなんだかんだと昔のまま分割されてたりします。あまり一体感がない感じですね。合併して数年間なんてそんなもんかもしれませんが。

鷲宮駅などからは離れているのですが、住所的には旧・鷲宮町の外れで、鷲宮地区ということになります。合併前から「この場所にイトーヨーカドーがメインのショッピングセンターができるんだってさ」って聞いてたんですが一向に工事は始まらず、不景気だし計画が頓挫したのかな?と思っていたら、突然工事が始まって。つい半年くらい前に「アリオ久喜」って名前でいくような話を聞いていたので。先月あたりオープン日とともに店名が「アリオ鷲宮」と判明した時に「鷲宮」が復活していたのでちょっとビックリしたのです。

鷲宮神社は「らき☆すた」の聖地として未だに盛り上がってますが、そういうのもあってか「アリオ久喜」ではなく「アリオ鷲宮」という名前を採用したんでしょうかね? だからこそこうやってキャラクター使った限定商品とかも作れるわけだしなあ。

久喜っていうと何があるのかな… 対外的には、東武伊勢崎線(浅草〜東武動物公園間は東京スカイツリーラインって名前になったんでしたっけ?)で「久喜行き」があるくらいの知名度な気もしてきました… まあ、鷲宮も鷲宮神社くらいしかない印象ですが(笑)

 

らき☆すたのおかげか、町が消滅していても「鷲宮」ブランドは思った以上に成功してたのかもなあということと、「久喜」はもっとがんばろうぜ!って思ったオープン初日でした(なんだその感想(笑)

【関連サイト】

アリオ鷲宮