「地図から住所情報取得ツール」に郵便番号検索機能を追加しました

先月公開した「地図から住所情報取得ツール」で、郵便番号検索もできるようにしました。

キーワード欄に郵便番号7桁で入力した時のみ郵便番号検索を行います。ハイフンは省略可能です。

例として、100-0001 のように入力すれば、「東京都千代田区千代田」を表示できます。

再度、機能説明

ゴチャゴチャしてきたので、「地図から住所情報取得ツール」で何ができるかまとめとこうと思います。

「地図から住所情報取得ツール」は、ジオコーディング(住所などから地図座標を取得すること)と逆ジオコーディング(地図座標から住所情報を取得すること)の両方行うことができるツールです。得られる住所情報としては、郵便番号、住所、緯度・経度、オマケとしてビル名や標高などを調べられます。

 

地図をクリックして、その位置の住所情報表示(逆ジオコーディング)

地図上のある位置をクリックすると、その位置の住所や緯度・経度が表示されます。

場所は知ってるんだけど住所がわからない時とか、「東京スカイツリーは東京の何区にあるの?」というような場合に使えます。

 

キーワード欄に住所を入力して地図表示(ジオコーディング)

住所だけ知ってる場合にはキーワード欄に住所を入力すれば地図で表示できます。

その住所の郵便番号を知りたい場合などにも便利です。

 

キーワード欄に緯度・経度を入力して地図表示(逆ジオコーディング)

レアケースだとは思いますが、緯度・経度だけわかっている場合も「緯度,経度」とカンマ区切りでキーワード欄に入力すれば地図表示できます。

ちなみに、緯度・経度は世界測地系の度表記を使用しています。日本測地系を使用したい場合や、度分秒に変換したい場合は、変換用の別フォームで変換することもできます。

 

キーワード欄に郵便番号を入力して地図表示(ジオコーディング)

そして今回追加した郵便番号検索。住所を入力するのが面倒な時は、キーワード欄に郵便番号を入力して住所欄をコピーすると便利です。

今後、毎月10日頃に日本郵便の最新データに自動更新されます。

 

Google MapまたはYahoo!ロコでの確認機能

現在地図で示している位置を、Google MapやYahoo!ロコで確認し、そこで埋め込みHTMLを作成して自分のサイトなどで使う、という流れになります。

ちなみに、本ツールはYOLP(地図)APIを使用していますので、Yahoo!ロコでの地図表示と基本的には同じです(ツールバーなどは異なります)

 

世界測地系⇔日本測地系変換

前回追加した緯度・経度の測地系を相互変換するフォームです。

GoogleMapやYahoo!ロコなどは世界測地系を採用していますが、例えばマピオンなど、日本測地系を採用している地図サービスで緯度・経度を扱う場合には変換する必要があります。

 

度⇔度分秒変換

本ツールでの緯度・経度は基本的に度表記(1度未満の数値は小数で表されます)で扱っていますが、例えば「北緯35度39分31秒 東経139度44分43秒」のような、人間が扱いやすい度分秒表記にしたい時に変換できるフォームです。相互に変換できます。

なお、35.39.31.027,139.44.43.481のようにピリオドとカンマ区切りで緯度・経度を表すようにしていますので、上記の「北緯35度39分…」のような表記にしたい場合は今のところ手作業となります。

 

 

とりあえず完成!?

今回郵便番号検索を追加したことで自分が想定してる範囲では機能的に満足したのでとりあえず一段落です。

あとは何かあるかなあ。施設・ビル名とかで検索できるようになったらいいかもしれないけど。現状でもカオスなので追加するかどうかは未定です。

まだ構想中のサービスとか、後学のために地図系のAPIいじっておこうってことで習作しただけなのでひどいものですが、一応ツールとしては完成、ver1.0ということで。当然、手抜きすぎるレイアウトはそのうちいじるかもしれませんが優先度はかなり低いです(笑)

「こういう用途で使いたいからこんな機能が欲しい」とか、何か簡単に追加できそうな機能・APIとかあればぜひ僕までリクエストお願いします。もちろん、難しかったり面倒だったりする場合はたぶんやりません(笑)

 

地図から住所情報取得ツール