北海道旅行2日目 前編

気づけば今日で北海道旅行も最終日だというのに、ブログはまだ行きのカシオペアのことしか書いてないじゃないですか! 北海道着いてないし! しかも、カシオペアも書こうとしてたエントリは全然書けてないし!

まず、徹底的に楽し過ぎて、ブログのネタはどんどん増えて行くのに書いてる場合じゃない!って感じですね。それと、旅行慣れしてないってのもありますが、いつもと違う生活リズム、初めての土地での長距離運転、そしてうまいもの食い過ぎで胃が…、という感じで心身ともに相当疲れてしまっている状況。ブログ書かなきゃと思いつつ、書く余裕がない…

そんなわけで、カシオペアの続きとかは後日思い出しつつ書くとして、肝心の北海道に着いてからのことを書いていかなくては。

北海道旅行2日目というか、北海道初日になりますが、5月29日午前9時32分、寝台特急カシオペアは、定刻で札幌に到着します。

途中、深夜の青森駅でのスイッチバックでの機関車切り離しを見ようと12号車のラウンジカーへ行ったら、先客のラブラブカップル(新婚旅行かな?)がラブラブしてるところに遭遇してしまって、僕が入ってきたことで気まずい感じになってしまったので、「スピードワゴンはクールに去るぜ!」って感じで慌てて部屋に戻ったり、これまた早朝の函館駅ではホームに降りて機関車交換の写真撮ろうとしたらiPhone持っていくの忘れてしまったりとかいろいろ失敗しましたが、そのへんはバサッと切り捨てたいと思います(だいたい書いてる)

そんなわけで、札幌に到着。といっても、今回は時間的な都合で基本的に札幌観光は全面カット。レンタカーで小樽へ向かいます。

まず、小樽では魚真(うおまさ)というお店でお寿司を食べました。Twilogでお馴染みの、ロプロス(@ropross)さん推薦のお店です。


魚真にぎり。15貫で2600円。新鮮でネタが大きくてお値段もリーズナブル!どのネタもさすが北海道!って感じで美味しかったですが、特にサーモンやホタテは関東でいくらお金出してもなかなか食べれないなってクオリティでした。

たまたまかもですが、ワサビの量が多かったかもですね。僕はお品書きにワサビ巻とかあると脊髄反射的に注文してしまうくらいワサビが好きなので全く問題なかったというか、むしろ嬉しいかぎりだったのですが、家族たちは結構涙目になってました。

嫁さんに至ってはワサビが全然食べられないのですが、注文時にそのことをスッカリ忘れていて、「サビ抜きにしてないよね?」って僕がすぐ気づいたから良かったようなものの、実に危ないところでした。なにしろあのワサビの量だと嫁さん5人分の致死量を軽く超えてましたからね。まあ、仮にそのまま注文通っちゃってたら玉子や軍艦以外は全く食べられないという悲しい結末になっていたことは間違いないでしょう。頼りになる夫でよかったですね、うんうん。


食後は小樽運河周辺を散策。以前暮らしていた横浜を彷彿とさせるノスタルジックな街並み。こういう素敵な景観はいつまでも残していってもらいたいものです。

あとはガラス工芸品をみたり、ルタオでドゥーブルフロマージュとかを試食したり。

この日はちょっと寒かったですね。5月下旬とはいえ、曇ってしまうとジャンパーが必要なくらい。出発前から着るものが気がかりだったのですが、やっぱりもう少し厚めの服を持ってくるべきでした。やめとけって言うのに子供がソフトクリーム食べたいって言うし… 食べさせたら案の定寒がってるし…

結構寒くなってきたので、小樽散策はそこそこに切り上げ、ホテルを予約してある札幌に戻ります。

後編に続きます!