XcodeのiOSシミュレータを単体で起動させる方法

iOSシミュレータ.appはXcode 4.2までは以下のパスにインストールされていたんですが、Xcode 4.3をインストールしてから使えなくなってしまいました。

/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applcations

 

とりあえずXcode 4.2を使っていた頃は「そのうちiPhoneアプリを作りたいな」と試していただけで、結局アプリは作っておらず日々の作業には支障はなかったんですが、最近またアプリ作成を勉強し始めたので、またiOSシミュレータを使うことが多くなりました。

別にXcodeからiOSシミュレータがなくなってしまったわけではないんですが、iOSシミュレータを単体で使いたいだけなのにいちいちXcodeを立ちあげなくてから実行しないといけないとか、非常に面倒です。他にスマートな起動の仕方もあるのかもしれませんが。とにかくこれではヤル気も削がれてしまいます。

ということで、起動するまでの時間も勿体ないし、Xcode 4.3以降、単体でiOSシミュレータを立ちあげたい時はどうすればいいのか調べてみました。

Xcode.appのパッケージの中から探します

現時点のXcodeのバージョンは4.5ですが、4.3以降、Mac App Store から配布されるようになり、Xcode.app のみがアプリケーションフォルダにインストールされるようになっています。そんなわけで、iOSシミュレータもパッケージ内にあるだろうと探してみました。

20120928-xcode.png

アプリケーションフォルダのXcodeの上で右クリックしてメニューを表示、「パッケージの内容を表示」からひたすら潜ります。

Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iOSシミュレータ

ここにありました!

20120928-xcode2.png

あとは、CommandキーとOptionキーを押しながらiOSシミュレータをドラッグ&ドロップして、好きなフォルダにエイリアスを作成します。

とりあえずデスクトップにエイリアスを作ってからアプリケーションフォルダに移動させました。

20120928-iossim.png

これで無事、単体でiOSシミュレータを起動できるようになりました。

XcodeApp
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料(掲載時)

MacMac, iPhone

Posted by staku