iPhone 5のベンチマーク値が話題に。「iPhone 5は今までの倍速い」は本当みたい?

iPhone 5はA6チップになって、メモリもついに1GBになるということで「iPhone 4Sの2倍くらいは速くなる」ということでかなり期待しているんですが、2倍じゃ効かないみたいですね。iPhone 4Sの2.5倍くらいになるというベンチマーク結果が。

iPhone 5のベンチマークスコアはiPhone 4Sの2倍以上。メモリも1GBを搭載。 | 和洋風KAI

iPhone 5のベンチマーク、新しいiPadの約2倍のスコアを記録(タッチ ラボ)

詳しくは上記ブログを参照ください。GeekBench値でiPhone 4Sの629に対して、iPhone 5は1601という驚異的な数字を叩き出しているようです。

しかも、 春に出たiPad(第三世代)の791に対してもダブルスコア以上ですね。

まだ発売前の情報であるということなので、もしかしたらニセ情報の可能性があるのと、あくまでベンチマークですので、実際の利用シーンの体感速度でどんな感じになるかとかは使ってみるまでわからないですし、モノによってはそれほど変わらないものもあるかもしれません。

また、体感速度的に一番ネックになるのがネットワーク速度だと思うので、iPhone 5はここも速くなりますから数字以上の快適さが得られるシーンもあるかもしれませんね。ソフトバンクさん(KDDIさんもですかね?)にはLTEの拡充を急いでもらいたいものですが。じゃないと単なる値上げですし。

でもまあ、僕はほとんど自宅作業でWi-Fi運用なのですけど(ただ、Wi-FiでもIEEE 802.11a/b/g/n対応になったので高速化が期待できます)

 

先日のiPhone 5の発表が主にスペック向上だけだったのでちょっと拍子抜けしていましたが、思った以上に大きい変化がありそうだな、と思うようになって来ました。ティム・クックさんごめんなさい(笑) まだ実機触ったわけではないので謝るのは早いかもですが(笑)

現状、正直4Sで速度的に不満がないですし、予約はしたものの「やっぱりもったいなかったかな」と何度となく思っていたのですが、これなら勝てる!(何に)

【関連記事】