衆議院が解散しました。さあ、選挙行くぞ!

いよいよ衆議院が解散されました。投開票日は2012年12月16日、年の瀬の総選挙となります。師走なのでお坊さんがダッシュしながら投票所を駆け抜けていくのを見るのが今から楽しみですね(笑)

この1ヶ月でどういう動きがあるか、どういう結果になるか今から興味津々ですが、ここで一旦リセットして、スッキリと年末年始を過ごせるといいなあと思います。

 

そもそも僕は特に特定の政党を応援したりとかはないんですが、僕は今回のような国政選挙だけに限らず市議会選挙に至るまで、必ず投票するようにしています。もちろん自慢するようなことでもないんですけど。とにかく、僕の一票が日本を変える可能性が微レ存、ってことで毎回張り切って投票に行きます。

あと、何か政治が酷いことになってる時に「僕はこの政党に投票しなかった(だから許さない)」「今の政府には腹立つけど、ここに投票した僕にも責任がある」というような時にある程度慰めというか、自分の中である程度納得できますからね。投票もせずに「政治が悪い。俺は悪くない」というのは(一般人レベルで)一番最悪な腐り方だと思いますし。後々のストレス発散のためにも参加しておきたいですね(笑)

 

期日前投票する予定です

投票日当日は投票所も混むかもしれませんし、そもそもたいてい日曜日で休みなんだから他にやりたいこともあるので、たいていは投票日の週の平日のうちに市役所に行って期日前投票するようにしています。たぶん今回もその予定です。毎度ながらガラガラで楽々です。

ちなみにその日のその期日前投票所の最初の投票者になると、選挙立会人と一緒に投票箱がちゃんとカギがかけられて封印されていたことを確認したり、不正がなかったことを承認するサインをしたりすることになります。前、市議会議員選挙だと思いますが、朝イチで行ったらそういう儀式に付き合わされました(笑)

 

そろそろネット選挙解禁して欲しいなあ…

ただ、投票するのはいいんですが、毎回思うのですが「この人は一体誰なんだ?」という根本的なところでモヤモヤしてしまうのです。立候補している人全員が普段からいろいろなメディアや地元で精力的に活動している先生ばかりなら誰に入れるか話は早いと思いますが、単に「この人近所にポスター貼ってあるなあ」とか、突然現れた全く縁もゆかりもない落下傘候補とか、無所属で短いキャッチコピーしか書いていなかったりすると選びようがないです。僕の住んでる選挙区なんてまずそんな候補しか出てこないですし。 

まあ、無事当選したところで党議拘束で自分の主張と違っていても党の決定に従わないといけないことになるかもしれませんが、でも、できれば小選挙区では人を選びたいですよね。

広報にいっぱい税金使って、よく知らない候補者たちのポスター張って、うるさく名前連呼するだけの選挙カーが走り回って「さあ、この中から1人選んでください!」ってアホなんじゃないかと心底思います。なるほど・ザ・ワールドの恋人選びじゃないんですから(古すぎる)

それで多くの人が政治に無関心、とか言われても「当たり前だ」としか言えないですし、こんなので選ばれた人たちの力で国が良くなるんだったら世話ないです。そろそろ、ちゃんと選ばせて欲しいなあと。普段から政治へのアンテナ張れる人はそれほど多くないと思いますし、せめて選挙期間中に最も効果的に情報収集ができるようになって欲しい。そのための方法としてネット選挙活動の解禁が現状では一番近道な気がします。

僕はネットでの投票についてはどうでもいいと思っているのですが、とにかく一番情報が欲しい選挙期間中にネット等での情報発信が止められているというのはろくでもないと思っているのです。もちろん今回はネット選挙の解禁についてはほとんど争点にならないと思いますが、将来そういう方向に動いてくれそうな、合理的な考え方とかしてくれそうな候補者・政党があればそこに一票投じようかと思ってますが。

どちらにせよ、ネットで調べてもよくわからない人にだけは絶対に入れませんけど。僕の一票は全体から見ればどうでもいい力しか持ってないかもしれませんが、だからといってどうでもいい使い方する気は毛頭ないですからね。

僕の一票が欲しい候補者は、ネットでどんどんアピールしてもらいたいです。他の媒体ではいちいち調べませんので(笑)

Diary政治

Posted by staku