Twitter公式の「埋め込みタイムライン」を埋め込んでみました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter公式の「埋め込みタイムライン」が提供開始されたので、このブログにも設置してみました。

 

20120907-twitter10.png

ちなみにこれが今までサイドバーに貼ってあったヤツです。そうか、今までのは公式ってわけじゃなかったのかあ。

「埋め込みタイムライン」の埋め込み方

1. Twitterにログインして設定画面を開きます。

20120907-twitter1.png

 

2.「ウィジェット」メニューを選びます。

20120907-twitter2.png

 

3. 右上に出ている「新規作成」ボタンを押します。

20120907-twitter3.png

 

4.「ウィジェットの設定」画面になるので、プレビューを確認しつつ設定します。

20120907-twitter5.png

自分のタイムラインだけでなく、他のユーザーのタイムラインを表示させたり、お気に入り、リスト、検索も表示させることができます。とりあえず、今回はこれまでのウィジェットと置き換える用途なので、デフォルトのまま、自分のタイムラインを出してみます。細かい設定とかはよく見てませんが、色は細かい指定ができなくなりましたね。リンク色くらい。あとは、テーマで白背景か黒背景か、程度の変更しかできなくなっています。まあ、僕の場合、白背景でいいのですけど。

設定完了後、「ウィジェットを作成」ボタンで作成します。

 

5. プレビューの下にテキストエリアが表示されて、その中のコードが選択状態になっていますので、クリップボードにコピーします。

20120907-twitter6.png

 

6. あとは僕の場合はWordpressのサイドバーのウィジェットにこのコードを貼れば完成…なんですが、デフォルトのままだと幅が広いんですよね。500px以上あるようです。

というわけで、以下のようにaタグの中にwidth属性を追加して幅を指定します。なお、設定画面にもありましたがheightで高さも指定できます(設定しなかった場合、heightは省略されています)

20120907-twitter8.png

 

7. 完成!

20120907-twitter12.png

前のに比べるとずいぶんスッキリしましたね。ウィジェットから僕宛にツイートすることもできるようですので、何かありましたらぜひ(笑)

 

こんな感じで、サイズを変えた以外はデフォルトのままですが、とりあえず埋め込みタイムラインを設置してみました。

これまでのTwitterウィジェットは2013年3月5日にAPI ver1.0と同時に廃止予定だそうですので、設置されている方は合間を見て公式ウィジェットに変更しておくことをオススメします。