アクア購入時のメーカーオプションについてメモ

アクア購入の際、決めないといけないことがいくつかあります。エクステリアとインテリアのカラーリング・設備。あと、メーカーオプション選択です。色決めやメーカーオプションは基本的に注文時しかチャンスがありませんので、納車後に「この色にしておけばよかったー」とか「これも付けておけばよかったー」とか後悔しても後の祭りですよね。

とはいっても乗ってから初めて気づくこともあるでしょうから、あとで後悔しないように全部入りにしたいところですが(ラーメンのトッピングみたいですね)、そんなことしたらお値段がグンと上がって、ぶっちゃけプリウスとか、もっと上の車買えるよね?って感じになっちゃうと思いますし。せっかく低燃費で走れる車をってことで買うのもあるわけですし、あまり価格を上げてしまうと元が取れないんじゃないかとか(笑)

そのオプションを付けることでお金に変えられない価値も出てくるわけですし、単純に元が取れる取れないっていう考え方は違うかもしれませんが、オプションというものは車をより便利に使うための贅沢機能なわけですから、どこかで妥協したり、なくてもいいなと思える機能はつけないようにしないとキリがないですね。

 僕はもう注文してしまったので今更変更できませんが、とりあえず自分がこのオプションを選んだ理由とか、なんでこれ選ばなかったんだっけな?とかをメモとして残しておこうかと。

 

アクアでは注文時、7つのパッケージオプションを選択できます(Lグレード除く) Lグレードは基本的に商用車用途だそうで、選べる色や装備がかなり制限されます。以下のオプションに含まれる機能を1つでも付けたいと思ったらSまたはGグレードにするしかない、ということになります(一部、販売店で取り扱いのあるいつでも付けられるオプションもあります)

また、「このパッケージのこの機能だけつけたい」と思っても、バラで組み込むことはできません。パッケージ単位での実装になります。たとえいらなくても他の機能もついてきます。

パッケージオプションの種類や価格は2013年5月中旬現在です。5月末に実施されるマイナーチェンジでは、さらにパッケージオプションが増えるようですが詳細は不明です(レザーシートパッケージ?Gグレードのみ?)

 

スマートエントリーパッケージ 【+53,550円(税込)】

スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム、コンライトのセットパッケージです。これは僕は最優先で選択しました。

「スマートエントリー&スタートシステム」は、スマートキーをバッグやズボンのポケットなどに携帯していれば、ドアハンドルに触れるだけで解錠・施錠できたり、スタートボタンを押すだけでハイブリッドシステムを起動させられるようになります。

これまでも一応リモコンキーだったのでそれほど面倒ではなかったんですが、なによりカギを取り出す必要がないってのは楽ですよね。荷物を両手に持っている時や雨が降っている時などにストレスがたまりません。

「盗難防止システム」は、イモビライザーです。自分のスマートキー以外ではハイブリッドシステムが起動しないようになるので、車両盗難防止になります。が、車泥棒が本気で盗もうと思ったら、イモビライザーはコンピュータごと入れ替えたり、レッカーして車ごと大胆に盗んでいくケースもあるそうなので、そしたらどんな手を打ってもほとんど無駄だしなあ(笑) むしろ車両保険の方に力を入れた方がいいのかもしれませんね。

「コンライト」は、ライトの自動点灯・消灯機能です。これは以前旅行に行った時にマツダのデミオをレンタカーで借りた時についてて、トンネルの出入りでON/OFFや、夕方に自動でライト付いたのがとても便利だったので、できれば欲しいなあと思ってました。

これまでもトンネルなどでこまめにライトを手動でON/OFFするようにしていたので必須というわけではなかったんですが、パッケージに含まれるので願ったり叶ったりということで。たぶん、ライトのスイッチはずっとAUTOに入れておくことになると思います。

 

LEDヘッドランプパッケージ 【+115,500円(税込)】

ヘッドライトを標準のハロゲンライトからLEDライトに変更するオプションです。フォグランプも含まれます。

LEDライトで夜間の視認性が上がることと節電効果が期待できるので、できれば付けたかったんですが、そもそも僕は夜間の運転はそれほどしないので、さすがに11万円は出せないなあと諦めてしまいました。もう少し安ければ食指も伸びたかもしれないんですが。

アクアは低燃費を売りにしているんだから、エコ的にLEDライトは標準装備にしてくれたっていいと思うんだけどなあ(笑) 燃費どうこうってとこに影響するほどではないのかなあ…

フォグランプは販売店オプションでも付けられるそうなので、そのうち必要そうなら付けたいと思います。まあ、今までフォグランプがついた車にマトモに乗ったことがないので「ないと困る」って事にはならないとは思うんですが。あると便利なのかなあ?

今借りてる代車がフォグランプ付いてるから、借りてる間に試してみればいいのか(笑)

 

ツーリングパッケージ 【+110,250円(税込)】

標準よりも太い16インチタイヤや、大型のリアルーフスポイラーでダウンフォースを増大させてより安定感を増すようにしたり、このパッケージ専用のサスペンションなど、よりスポーティに、走りを追求したい人用のパッケージです。

なお、このオプションを付けるとタイヤが太くなるため、最小回転半径は5.7mになります(標準は4.8m) 小回り性能は犠牲になりますね。

まあ、基本街乗りですし、のんびり走る派ですし、11万円かかっちゃうんじゃなあってことで選択肢からは早々に外れたっていうか、正直興味がありませんでした(笑)

これとは別に、販売店オプションでエアロパーツ等も用意されています。

 

ビューティーパッケージ 【+43,050円(税込)】

フロントドアガラスをUVカットにしたり、エアコンにパナソニックの「ナノイー」を使った空気清浄機能がついたりします。どちらかというと女性向けパッケージですね。UVカットガラスは最初、嫁さんが食いついてましたが、値段見てアッサリ却下してました(笑)

冬にシートを温めてくれるヒートシーター機能はちょっと惹かれましたが優先度低めかなあと。北海道地区では標準装備みたいですね。

ガマンすればいいじゃない。エアコンあるんだもの。みつを。

あと、助手席側にミラー付きのサンバイザーが付きますが、こんなの標準装備にすればいいのに、とか思いました(笑) 車のオプションなんてこういうものなのかもしれないですけど、なんかオプションにするにはセコい気がします(笑)

 

ナビレディパッケージ 【+42,000円(税込)】

ナビ本体は別になりますが、純正カーナビをフル活用するためのオプションです。市販のカーナビにするかどうかで悩んでいたんですが、バックカメラと連動させられるかとかイマイチわからなかったので、純正ナビにすることにしてこのパッケージも選択することにしました。

駐車時に便利なバックカメラと、手元でオーディオやエアコン操作ができるステアリングスイッチ、6スピーカーが含まれます。

バックカメラは便利ですよね。車庫入れ楽チンですし。親が去年買った車に付けてて、僕も一度使わせてもらったら欲しくなってしまいました。

アクアでの車庫入れはEVモードで静かに下がることになるはずですから、ガソリン車よりも歩行者に気づいてもらえない可能性が高くなります。低速走行時はスピーカーからノイズ音を発する車両接近通報装置が搭載されていますが、車庫入れ時の後方の安全確認はいくら気を使っても無駄ということはありません。事故防止のためにもバックカメラは必ず付けようと思っていたのでした。

上で書いたようにナビは別売りになりますので、さらにカーナビ代が必要となります。純正で一番安いエントリーナビにしましたが、8万円くらいしました。市販ナビならもう少し高機能なの買えたのかなあとは思いますが、バックカメラやステアリングスイッチとの連携とかがどうなるのかイマイチわからなかったので、とっとと純正で決めてしまいました。

 

アドバンストディスプレイパッケージ 【+42,000円(税込)】

メーターパネルをTFT液晶高精細ディスプレイにするパッケージです。カラーでより見やすくなります。

今回のドライブがどれだけエコ運転できたか100点満点で採点してくれる機能とか、比較したい車に比べて何円オトクだったか教えてくれる機能がついてます。

ゲーム感覚でエコドライブできるかなあとか、なんとなく面白そうだったので当初は付けようかなと思っていたんですが、まあ… やめました(笑)

 

オーディオパッケージ 【+46,200円(税込)】

これはCDオーディオのパッケージ。CDやラジオを良い音質で楽しみたい人向けです。ナビレディパッケージを選択している場合は選べません。

特にCDを聴く用途もないですし、そもそもナビをつけるつもりだったのでこのパッケージオプションは真っ先に除外しましたが。6スピーカー搭載、ステアリングスイッチでのオーディオ操作ができるようになります。

 

 

というわけで、結局僕が付けたのはスマートエントリーパッケージとナビレディパッケージの2つということになりました。贅沢をいえばLEDヘッドランプパッケージを付けたかったところですが。でも、LEDライトにしたいってだけで11万アップはなかなかなーと。

ついいろいろつけたくなってしまうので危険が危なかったです(笑)