寝台特急カシオペア 車内限定販売のオリジナルグッズ

寝台特急カシオペアの車内でしか買えない限定グッズがいくつかありまして、たとえばキーホルダー、コースター、トランプ、チョロQなどが売られています。

車内の売店(12号車ラウンジカー)またはワゴン販売で購入することができます。一部のグッズはワゴン販売では運んでおらず、売店に行かなければ買えないものもあるようです。

少ないですが、わが家で購入したものを紹介します。

Skitched 20120622 060945

「カシオペア乗車記念」と「青函トンネル通行証」のオレンジカード2枚セット。ちゃんと台紙にセットされていて、青函トンネルの断面図とか見ているだけでも楽しいです。

ちなみに青函トンネルは、津軽海峡の下、青森県の今別町から北海道の知内町を結ぶ全長53.85kmの現在世界最長の鉄道トンネルです。スイスに現在建設中のゴッタルドベーストンネルが開通(2018年?)すると世界一の座は失ってしまうそうです。まだ青函トンネルが世界一のうちに通行することができました。

それにしてもオレンジカードって懐かしい響きですね。テレホンカード同様、こういった収集アイテム的な分野だとまだまだ現役なのでしょうか。

Suicaが登場してまもなく廃止になったとばかり思ってましたが…ってそれはイオカードでしたか。そもそもオレンジカードだと自動改札は通れないんでしたよね。自動券売機でならまだオレンジカードで切符買えるのかな… 買いませんけど(笑)

Skitched 20120622 062300

これが表紙と裏表紙です。JR北海道 函館運輸所が販売してることもあり、裏表紙に機関車が写っていますが、上野から青森まで牽引してきたJR東日本のEF510ではなくて、重連のDD51の写真になっていますね。

このグッズは青函トンネルの通行証も兼ねているのだから裏表紙は津軽海峡線用のED79の写真にすればいいのに、とか思いましたがオレンジカードの乗車記念の方の写真に使われていましたね。なんとなく逆じゃ?とか思いましたが、重連DD51が頑張ってひっぱってる写真がかっこいいので気にしないことにします。

ちなみにDD51の頭文字Dはディーゼルのことです。EF510のEはエレクトリック(電気機関車)のEです。2文字目は動輪の数です。Dが4軸、Fは6軸、Hなら8軸です。覚えておいて損はありません。…たぶん得もしませんけど(笑)

あとは、カシオペアミニヘッドマークストラップを購入しました。カシオペアのヘッドマーク(エンブレム)と同じデザインのストラップです。子供の保育園のリュックサックにつけてみましたが、なかなかかっこいいです。

車内販売品(寝台列車オリジナルグッズ)│列車内サービス|NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ